申し訳ありませんが、まだデータがありません。

面接を受けよう

あくびをする

風俗アルバイトを始めるなら、まずはデリヘル求人など自分にあった求人に応募する必要があります。
そして、面接を受けなくてはならないわけですが、人によっては風俗の面接に対して不安や恐怖心を抱いている人も少なくありません。

例えば、セクハラ面接をされたり、こわい人が出てくるのではないかなどさまざまな不安・恐怖心を抱いている人がいます。
しかし、実際に風俗店というのは厳しい法律の下で経営しているのでそういったことはほとんどありません。
なにより、風俗店にとって働いてくれる女性の存在というのはとても貴重です。むしろ、優遇してくれるところが多いと言えるでしょう。

ただ、どうしても事務所や店舗に足を運んで面接を受けるのが不安という人は、写メール面接というのを利用すると良いです。
お店によっては、写メール面接を行っているところが多く存在します。

この写メール面接というのは、自身の容姿がわかるように写メを撮ってお店に送るというものです。
求人サイトなどの応募フォームから、画像を添付して送ることができます。
基本的に、プリクラなどは不可となっていますので、しっかりと写メを撮影するようにしましょう。

これなら、実際に店舗や事務所に足を運んで面接官と顔をあわせなくても、気軽に面接を受けることができます。
また、普段忙しい人も、ちょっとした空き時間に送ることができるので便利です。

出張面接

ソファーに横になる女性

デリヘル求人に応募して、風俗アルバイトを始めるなら面接を受ける必要があります。
風俗では、主に3つの面接方法を実施してます。お店によって異なる点はありますが、基本的には店舗や事務所での面接、写メール面接、出張面接ということになります。
実際に店舗や事務所で面接を受けた際は、合格すればそのまま働くことができるお店が多いです。
もちろん、お店に対して不安がある場合は、まず体験入店してみることも可能です。
一度働いてみて、自分にあっているかどうかを判断した上で本入店を決めるのも良いです。

出張面接に関しては、自分の都合に合う場所で面接を行ってもらうことが可能です。
例えば、予定の合間に通いやすい場所を指定して面接を受けることなどもできます。
ほかにも、仕事のお昼休憩などを利用して、職場の近くのカフェなどを利用して面接をしてもらうこともできます。

風俗というのは、掛け持ちする人も多いので、上記のような際にも簡単に面接を受けることが可能です。

待遇について

目を閉じる

デリヘル求人など、風俗アルバイトの求人情報を見ているとさまざまな待遇のお店があることがわかります。
中でも、多くのお店に共通して見られるのが「完全自由出勤」という点です。完全自由出勤というのは、そのままの意味で好きな日に出勤することができるという制度です。
とは言っても、お店によっては「週1~」「1日2時間~」など、最低限の出勤日数を定めている場合もあります。

しかし、基本的には比較的自由に出勤・欠勤を決めることができるようになっています。
まず、出勤予定日を記入しておき、その予定日の前日までに出勤するかどうかをお店に連絡します。
急な予定や用事、体調不良などにも、柔軟に対応してもらうことができるのが助かります。
一般的なアルバイトでは、シフト制のお店が多いですがシフト制はほかのアルバイトの人に迷惑をかけることもありますが、完全自由出勤制の風俗はそういった点を気にする必要もありません。

基本的には、電話連絡になりますが同居している人がいる場合は、メール連絡でも対応してくれるお店もあります。
ほかにも、寮を完備しているお店や託児所、アリバイ会社と提携しているお店も存在します。

容姿

頬ずりする女性

風俗アルバイトは、比較的容姿を重視していると思われがちですが、応募する求人によってはさまざまな専門店があるので自分にあったお店を見つければ容姿関係なく働くことができます。
例えば、人によってはウエストやバストに自信がない人もいるでしょうし、タトゥーや傷跡、妊娠線などが気になる人もいます。

しかし、デリヘル求人の中だけでも、ぽっちゃり専門店や人妻専門店などさまざまなお店が存在します。
なので、ウエストに自信がない人でも安心して働くことができます。

また、風俗嬢の中にはタトゥーをしている人も複数います。